ホーム企業情報ご挨拶

IHM 代表取締役 入江伸示ご挨拶

株式会社IHM 代表取締役 ご挨拶

当社は「置き薬」事業を全国各地で展開する企業グループです。「置き薬」は発祥から300有余年、「先用後利」という考え方のもとで日本社会に根を下ろした数少ない商いの形と言えます。相互信頼が根本にあってこその取引形態ですから、古くからの日本人の倫理観の高さをうかがい知ることができます。

日本は世界屈指の長寿国となりました。豊かな食生活、衛生的な環境、医療技術の進歩、国民皆保険制度などが下支えとなっていることは間違いないでしょう。一方で世界保健機構が提唱する「健康寿命」との差はおよそ10年にもなり、この「不健康な寿命」が世界一長いとまで言われています。医療や介護に依存しなければ生活することが難しいこの長い期間、ご本人やご家族、社会が苦しまなければならないという現実を突きつけられているのが今の日本です。一人ひとりの立場に立って考えてみると、どこまで元気で生活できるのか、質の高い生活QOLが大きなテーマとなっているのです。

厚生労働省は「健康日本21」として、健康生活を守り支える様々な政策を推し進めています。「予防医療」という考え方も浸透しつつあり、セルフメディケーション税制も施行されました。テレビや新聞、雑誌では連日健康情報が飛び交い氾濫しています。健康への関心の高さがうかがえます。ところが、医療機関で検査や治療を受けることが日常化して慣れてしまった私たちにとって、ではいったい何をどうしたらいいのか悩みが増すばかりで、これがまたストレスになってしまう始末です。

心身共に健康で幸福な日々を過ごすことは万民共通の願いでありますが、健康に過ごすためには「自分の健康は自分で守る」ことを意識し、「積極的に健康管理にかかわる」ことが大切です。そのためには、体、病気、くすりについての正しい知識を身につけることが必要です。この点、私たちIHMグループは、今ほどお役に立てる時代はないと痛感しています。

私たちIHMグループは、医薬品や健康食品などをご家庭にお届けするという300年の伝統を引き継ぐだけでなく、医療や健康に関する高い専門知識を持ったスタッフが、お客様一人ひとりと向き合いながら健康づくりをしっかりサポートします。その際、目には見えなくても健康に及ぼす影響が大きい「愛情」「優しさ」「元気」という無形の価値を心にお届けするようにしています。お客様が活き活きと朗らかに楽しく幸せになって頂くために何ができるかを考え惜しまず働きかけることが、当社が最も重要視する価値観である「為に生きる精神」の実践と考えています。

健康で幸せな人たちが増えてゆく社会、地域で暮らす一人ひとりが笑顔になる社会、そんな社会をつくることが私たちIHMグループの夢であり希望です。今後も皆様のご期待にお応えできるよう全力で取り組んでゆく所存です。

2018年7月吉日

株式会社IHM

代表取締役社長 

入江伸示


ページのトップへ戻る