ホーム機能性食品原料酵素分解高麗人蔘エキスコンパウンドKについて

酵素分解高麗人蔘エキス

コンパウンドKについて


コンパウンドK(Compound-K)は、高麗人蔘に含まれるジオール系サポニン(ギンセノシド-Rb1,-Rb2,-Rc,-Rd等)が腸内細菌により代謝された成分です。高麗人蔘自体にはほとんど含まれておらず、この代謝物が薬理作用を現すことが分かっております。

しかし、ヒトの腸内細菌には個人差があり、高麗人蔘を摂取した際、代謝が不十分な方はコンパウンドKが作られにくい為、効果が十分に現れない可能性があります。このような個人差を解消する目的で作られたのが酵素分解高麗人蔘エキスです。

コンパウンドKの薬理作用については様々な研究がなされ、薬理作用の主な成分であることが確認されて来ております。

当社のコンパウンドKを含有する酵素分解高麗人蔘エキスは、長年にわたる研究成果を学術誌に発表しております。またその技術を特許(用途・製造)として取得しております。

コンパウンドK(CompoundK)はサポニンの代謝物であり高麗人蔘の効果効能を発揮する活性物


ページのトップへ戻る