ホーム採用情報頼れる先輩に聞く小柳津康雄

頼れる先輩に聞く

頼れる先輩に聞く

先輩写真

小柳津 康雄 先輩

“お客様から「元気になった」などの
喜びの声をたくさん聞きたい”

西日本メディカル
管理課長
1995年入社

この1年を振り返ってみて、自分が成長したと思う時について、入社されてからこの1年で業務上での日々の苦労話や、よかったと思う事をおりまぜながら成長したと感じる時はどんな時なのか、お話しください。

これまで約12年間システム部門の担当をしてきましたが、昨年から新たに新設された流通部門の担当に任命されました。当時は新設されたばかりの部門で、ノウハウを持った先輩もなく、全くの未知の世界であり、どのようにしたらその役割を果たせていけるのか不安でいっぱいでした。しかし上司や周囲の方々から助言をいただきながら、最近では何とかその道筋が見えてきたような気がします。何よりも周囲の皆さんからの助けが一番ですが、出来るかどうかわからないことが出来るようになった。これが私にとってひとつの自信につながっています。

IHMを知った経緯や、就職された動機、IHMでなにをしたいと思っているのかをお話しください。

やはり健康産業に携わる者としては、私たちの健康アドバイスや製品によって、お客様から「元気になった」などの喜びの声をたくさん聞きたいというのが一番の願いです。システムを担当していても流通を担当していても、それが一番の力の源になっています。

あなたがIHMで働く上で大切にしている事をお話しください

人間関係です。毎日お客様と対面する営業の方々にとっては当然のことですが、私にとってもそれは同様です。人間関係は、そのお店や会社の雰囲気を決定付けてしまう重要な要素だと思います。悪い人間関係の中でお客様は喜ばれませんし、よいアイデアも生まれません。社員の成長もないと思っています。何よりもこの人間関係が全ての土台となって全ての発展があるのだと考えています。

IHMの魅力とはどんなところでしょう?

人間関係が希薄になりつつあるこの時代において、お客様とのつながりを何よりも大切にしているところだと思います。

ページのトップへ戻る