ホーム機能性食品原料植物性ナノ型乳酸菌SNKインフルエンザ感染予防

インフルエンザ感染予防

インフルエンザ感染予防

マウスを3群(コントロール群:蒸留水投与、SNK群:ナノ型乳酸菌SNK投与、タミフル群:タミフル投与)に分け、インフルエンザウイルスを感染させる7日前から経口投与しました。

その後、感染3日後に各群の半数を剖検し、気道洗浄液及び肺のウイルスを測定しました。さらに、感染14日後に残り半数のマウスを剖検し、気道洗浄液及び血清中の中和抗体価を測定しました。

インフルエンザウイルス感染後のウイルス量と中和抗体価

感染3日後のウイルス量は、SNK群でコントロール群と比較し、インフルエンザウイルスを顕著に抑えることを確認しました。

インフルエンザウイルス感染後のウイルス量と中和抗体価

感染14日後の中和抗体価は、SNK群でコントロール群、タミフル群よりも、高値を示しました。

インフルエンザウイルス感染後のウイルス量と中和抗体価

ナノ型乳酸菌SNK®の摂取により、感染初期に重要な自然免疫を活性化させ、獲得免疫にも働きかけて中和抗体価を上げたことが推察されます。

薬剤のタミフルはウイル量を顕著に抑えますが、中和抗体価を上げることはできません。ナノ型乳酸菌SNK®を摂取することで、中和抗体価を上げることができるため、感染のリスクも低減することが期待できます。

ページのトップへ戻る