ホーム機能性食品原料植物性ナノ型乳酸菌SNKについて

IHM  植物性ナノ型乳酸菌SNK 特許取得素材 ※旧表記 IFL30

乳酸菌 IHM原料 植物性ナノ型乳酸菌SNKついて 特許取得素材

乳酸菌 すんき漬け産地 IHM原料 植物性ナノ型乳酸菌SNKの原料

植物性ナノ型乳酸菌SNKは長野県木曽地方の伝統食“すんき漬け”由来の乳酸菌を独自技術により1ミクロン未満に加工することで、体内への取込量を高めた乳酸菌(殺菌)末です。
特に免疫バランスを整える作用に優れています。

すんき漬け罹患率比較グラフ植物性ナノ型乳酸菌SNKの原料

<健康長寿の里 長野県木曽地方>

長野県は男女ともに平均寿命が全国一位(2010年度調査結果)であるとともに、アレルギー罹患率についても全国平均よりも低い健康長寿県です。

なかでも、木曽地方のアレルギー罹患率については、長野県全体の三分の一ほどの罹患率であることが疫学調査にて明らかにされています。



<木曽地方の伝統食:すんき漬け>

すんき漬けは、木曽地方だけで400年以上も前から伝統食として作られている赤カブ菜を使った全国でも珍しい「無塩」の漬物です。

日常的にすんき漬けを食している地域住民が非常に健康的な免疫バランスを持つことから、長野県の「味の文化財」やスローフード協会(本部イタリア)の「味の箱舟」の認定だけでなく、その有効性が大学機関での研究等で確認されています。

木曽地方の伝統食

ページのトップへ戻る