ホーム機能性食品原料ナノ型乳酸菌nEF®ノロウイルス感染防御作用

ナノ型乳酸菌nEF摂取によるマウスノロウイルスの感染防御

加熱乳酸菌製造時の「分散性」の違いが有効性に影響するのかを検証するため、エンテロコッカス・フェカリス菌の培養後に加熱殺菌し、乾燥させた「非ナノ化乳酸菌」と、製造時に分散化処理を行った「ナノ型乳酸菌」を用いてマウスノロウイルス感染試験による生体防御能を検証しました。

マウスノロウイルス感染試験による生体防御能を検証 試験方法

<排便中のウイルス量>

排便中のウイルス量

排泄されるウイルス量が少なくなると感染リスクも弱まります。
ナノ型乳酸菌投与群は非ナノ乳酸菌投与群よりも、感染後二日目、三日目といった早い時期での糞便中ウイルスの増殖を顕著に抑制することが確認できました。

<感染後の血清中中和抗体価>

感染後の血清中中和抗体価

ウイルスを消失させるはたらきを数値化した中和抗体価においても、ナノ型乳酸菌投与群はより高い値を示しました。

より速やかな生体防御効果の向上が期待できる

ページのトップへ戻る