ホーム機能性食品原料プラズマローゲン認知機能改善(ヒト試験)

ヒト試験による認知機能改善作用 健常男女にて認知機能の向上を確認

物忘れの自覚がある60歳以上の男女が鶏プラズマローゲンを12週間摂取したところ、
言語記憶力と認知機能速度で有意差が得られました

言語記憶力

<言語記憶力>
友人との約束など、言葉を記憶し、
思い出す能力を維持する効果

認知機能速度

<認知機能速度>
とっさの対応など、物事を理解し、
情報を受信後、応答するために
開始するまでの時間が向上する効果

※p<0.05(プラセボ)
 プラセボ群(9サンプル)、0.5mg摂取群(11サンプル)、1.0mg摂取群(13サンプル)

<試験内容>
対象者:物忘れの自覚があるが、MMSE※24点以上ある50~70歳の男女(健常者)
    ※MMSE:30点満点で23点以下は認知症の疑いがあるとされる認知機能検査

試験デザイン:無作為化二重盲検プラセボ対照並行群間試験

統計解析:60歳を境界とした層別解析

ページのトップへ戻る