ホームワンポイント健康法痛みの原因、石灰化の予防

[ワンポイント健康法]気軽にとりくめる旬な健康情報!痛みの原因、石灰化の予防

石灰化はなぜ起こる

摂取カルシウム不足で、骨から溶け出すカルシウム

私たちが普段、食事などから摂取しているカルシウム。不足すると、自分の骨を溶かして補おうとする働きが起こります。その量は、カルシウムが豊富な骨にとっては「少し」でも、人体全体では「非常に多量」。血液中にカルシウムがあふれることになるのです。

あふれたカルシウムは骨や血管、細胞に沈着

      

血液中のカルシウムは一定値(血液100ml中10mg)に保つ必要があるため、余分なカルシウムは骨や血管、細胞に沈着し、石灰化の原因となります。

骨にトゲができ神経を直撃

●腕のしびれ
●頭重感
●めまい
などの症状があるとき
→カルシウムが骨の表面に沈着してトゲのようになり、神経を圧迫している可能性あり

血管に沈着し、動脈硬化の一因に

●写らないはずの血管がレントゲンに写るとき
→カルシウムが血管に沈着、石灰化が進み骨のようになっている可能性あり
活性酸素によるコレステロールの酸化だけでなく、カルシウムの沈着も動脈硬化に関わる。

軟骨や腱、内臓にも蓄積、石灰化する

イラスト

●関節炎のような激しい痛み
→肩や膝の軟骨、腱などにカルシウムが蓄積している可能性あり
心臓や腎臓、乳房でも起こりうる。

石灰化を防ぐ生活法

体の酸性化は、pH調節のため骨からカルシウムが溶け出すため石灰化の原因に。

酸性体質を改善

  • 夜遅く食べない
  • 酢、野菜、海藻などアルカリ性食品を摂る
  • 体を適度に動かす
  • 便秘にならないようにする
  •  

    こまめに姿勢を変える

    イラスト

    長時間座ったり、同じ姿勢を続けたりすると、腰や首などに負荷がかかり、そこにカルシウムが沈着しやすくなる。 こまめに姿勢をかえる、体操をするなどして、体を柔らかくしておくことが大切。

     

    カルシウム不足を補う

    イラスト

    健康食品で補うときは、ただ量をとるのでなく、なるべく骨に届きやすい良質なものを。(吸収がよいだけの活性化したカルシウムは、必ずしも骨にまで届くとは限らない。)

    安心・良質・骨に届きやすい

  • 小魚、海藻
  • 野菜、豆類
  • ボレイ(漢方薬)
  • 風化した貝化石
  •  

    ページのトップへ戻る